ヴァイオリニスト奥村智洋のブログ「こんな日々です」

音楽のこと・趣味の鉄道写真のこと・etc.

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

2017年 新年のご挨拶(^.^) 2017.1.3 

皆さま明けましておめでとうございます<(_ _)>

え~ちょうど一年前に、私は・・・
「当ブログの管理人さんの御都合により、2016年末をもってブログを終了する」
旨、宣言をさせていただいておりましたが(´ω`*)

それ以来、ブログ廃止を惜しむ声が・・・
数件私の元に、寄せられまして( ̄◇ ̄;)エッ

それからなんと言いましても・・・
「当ブログの管理人を、ご好意で(無償で)引き継いで下さる」
という!(゜o゜)

奇特且つ親切な方が、現れまして!(゚Ω゚;)ハッ!!

その方が私に、
「ブログを存続するよう」
申し出てくれたわけですよ!ヾ(・Д・´ )ノワオ!

それで私も、色々と考えてみました結果( ̄へ ̄|||) ウーム

取りあえずブログを終了するのは、暫く延期することにしまして!!( ̄  ̄;)!!

ブログ開始から、「10周年」を迎えるまでは・・・
――つまり2020年末までは――
このまま当ブログは、継続することに決めたわけであります!( ・∀・)ノ

まぁ4年後の私は、もう齢50を超えて(;´▽`)y-~~
もうヨボヨボの老体に、なっているでありましょうし(;^ω^A

ブログの文章を書き続けてゆく、という作業も(;´Д`)=3 フゥ
相当しんどくなっているのは、確実でありましょうから(*´д`*)ハァハァ

「2020年末には、当ブログは絶対に終了する」
ということは(-ω-`*)

これはもう、今から確約しておきたい・・・
とは、強く思っている次第でありますが!(*´A`*)

というわけで、あともう四年間という短い間ではございますが(^^ゞ
お付き合いの程、よろしくお願い申し上げますm(__)m

さて私はじつは、“酉年生まれの男”でありますから!w(゚0゚*)w オォー
今年の私は、なんと、なんと!(☆Д☆)キラリーン

「年男」

ということに、なるわけでありまして!!!( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ

それで私は本年は、体力&霊感をトリ戻して! (`・ω・´)ゝ

「本業(音楽活動)を、より頑張っていきたい」
と強く思っている所存でありますし!( ̄∇+ ̄)vキラーン

同時に精力&若さもトリ戻して!( ̄ロ ̄lll)エッ!!

「婚活&子授かりも、より頑張っていきたい」
とも強く思っている所存であります!!!( ̄ー+ ̄)キラリ

それにしてもつくづく思うのですが・・・
「鶏」というものは!(; ̄  ̄)ナヌッ?

ヒヨコのうちは、もう本当に・・・

柔らかくて黄色くて、丸くて!!!∑(`∀゚´*)オォ!!
小さくてピヨピヨと可愛らしい鳴き方をして!!!(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪

「もう一生守ってあげたくなるほど」
愛おしく感じられますよね~~!!(* ̄。 ̄*)ウットリ

それにもかかわらず、親鳥に成長していくにつれて(・・?

ゴツゴツとした身体になって!(; ̄д ̄)エェェー!?
そのうえ顔の周りは赤く腫れあがって、トサカとなり!(★・´Д`・)σソンナー

全体的に醜く、グロテスクになってしまうのは!!ヽ(゚_゚;)ノ
一体何故なんでしょうかねぇ?(ーдー;)

私にとりましては、これはどうにも不思議でしょうがありません(#゚Д゚)

それと同じように、人間の女の子につきましても!( ̄△ ̄;)エッ・・?

小学生のうちは、もう本当に(*^-^*)ゞ

天使のような、清純な心を持っていて!! Σ(*´∀`*;)ドキッ!!
私にも、良くなついてくれて! (* ̄ Д  ̄*) ポッ

「もう一生守ってあげたくなるほど」
愛おしく感じられるのですが!!(*゚∀゚)=3ハァハァ

それにもかかわらず、その子が中学生に成長していくにつれて!(*・∧・*)?

私のことを、
“冴えない不潔なオジサン”
として、毛嫌いするようになり!(≧ ≦*)キャー
そのうえ“ジャ●ーズ”の如きヘンテコなものに、熱中するようになって!(≧∇≦)キャー

全体的に妙に色気づいて、おかしな方向に行ってしまうのは(-_-;)
一体何故なんでしょうかねぇ《(;´Д`)》

私にとりましては、これもどうにも不思議でしょうがありませんΣ(゚д゚|||)

さて「酉年ジョーク」は、もうこれくらいにして!(^_-)

今年の正月について、話をしたいと思いますが・・・
今年も一昨年&昨年と同じく!(^^)!

私は横浜大さん橋近くの「スカンディヤ」なるレストランにて、
「カウントダウンコンサート」
に出演しておりました(^^♪↓
1カウントダウンコンサート1231
カウントダウンコンサートのチラシ

2スカンディヤ1231
会場となった「レストラン・スカンディヤ」

そのカウントダウンコンサートにつきましては・・・
一昨年&昨年にも、記事を書いておりますので(^^)↓
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-419.html(2015年1月3日付記事)
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-509.html(2016年1月5日付記事)

詳細をお知りになりたい方は・・・
こちらの記事↑をご覧いただければと思いますが!(ノ゜ο゜)ノオォ

一昨年&昨年のコンサートの折は・・・
ロクに演奏を聴きもしない癖に、パシャパシャとストロボを焚いてΣ(゚Д゚)
演奏の妨害をしつつΣ(゚д゚ノ;)ノ

我々の写真を撮っていた輩が、大勢いたわけですよ!Σ(*゚◇゚*)ウッソー

これには私はもう、本当に腹が立っておりましたしΨ( 皿 )Ψ

それで今回の演奏前には、私は、
「あ~ぁまた大勢の人間がおしゃべり&パパラッチしているなかで弾かなければならないのかぁ、憂鬱だなぁ」
などと思いつつ(~o~)

控え室ではチリ産赤ワインを、“ヤケ酒として”グビグビと呑みつつ!(゚∇゚ ;)エッ!?
出番に備えていた次第でしたが!(* ̄0 ̄*)ノ↓
3チリワインアレスティ1231
控え室にて私が呑んでいた、「アレスティ カベルネ・ソーヴィニヨン」

ですが今回の本番中は、前々回&前回とは違って!(ノ`・Д・)ノ

――「『冴えないオジサン』を撮ってみても、大して面白くない」ということを・・・
お客さんに理解してもらえたせいかは、分かりませんが!( ̄ー ̄*)ニヤリッ――

我々にストロボを向けて、フラッシュ撮影をする無礼な輩は・・・
一人もいなかったわけですよ!!(*・0・*)ワォ

これはもう、私にとりましては・・・
何よりも有難いことでありましたヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

そして演奏後には、店からの“御褒美”として( ̄∇ ̄)ニヤッ

年が明けて早々(0時30分過ぎ頃)、お客さんにもサーヴされていた・・・
「リアル・シャンパーニュ」
にありつくことが出来まして!( ̄ー ̄)ニヤリッ↓
4シャンパンシャルルオルバン0101
シャンパン シャルル・オルバン

またお客さんにサーヴされてたのと、全く同じ!(* '∀'人) オォ
ディナーにも、ありつくことが出来ました!ヽ(*´∀`)ノ オォ↓
5海の幸のサラダ仕立て0101
海の幸のサラダ仕立て

6スカンディヤ特製スープ0101
スカンディヤ特製スープ

7鴨の西京漬けスカンディヤおせち添え0101
鴨の西京漬けスカンディヤおせち添え

8パン2種類0101
パン2種類&オリーブオイル

9シャーベット2種類0101
シャーベット2種類

10コーヒー0101
コーヒー

おぉ元旦早々から、自分の大好物である!!(ノ)'∀`(ヾ) オォ
「鴨料理」
を、食すことが出来たなんて!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

なんとまぁ、素敵なことではありませんか!*:・(*´∀`*)ウットリ・:*

そしてこちらでのディナーの後は・・・
「アンサンブル・ミュー」
の主宰者である!!(」゚ロ゚)」オォ

杉山さゆりさんの自宅(横浜市内)に、演奏者全員が招かれまして!ε = ((((o^ー^)o

そちらでは、福島県三春町の地酒である(*^。^*)
「地酒 三春駒」
を、ご馳走になりました!((*゚゚∀゚゚*)) オォォォ↓
11地酒三春駒0101
地酒 三春駒

じつは杉山さんの御親戚が、会津の方にいらっしゃる・・・
という事情がありまして(・。・)
それでこちらの福島のお酒↑が、出てきたわけでありましたが( ´ー`)

今回いただいたお酒は、キリッとしていて・・・
昔ながらの、古き良き日本酒の味がして!(*^▽^*)

たいそう美味でしたね!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

奥村智洋
スポンサーサイト

カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2017/01/04 Wed. 03:49    TB: --    CM: 0

12/13文京楽器で弓毛替え→Tさんと忘年会ヽ(^o^)丿 2016.12.16 

え~今週火曜日(12月13日)午後の話でありますが(^^ゞ

私は2013年暮れから約3年間、ヴァイオリンを教え続けている・・・
板橋区在住の、弟子のTさんと( ̄◇ ̄;)エッ
地下鉄丸ノ内線後楽園駅にて、待ち合わせをしまして!(゜o゜)

彼と2人で、文京区小石川にあるヴァイオリンショップ・・・
「文京楽器」
に向かいまして!ε = ((((o^ー^)o

そこで久し振りに、
「ヴァイオリン弓の毛の張替え」
をしてもらったんですね!( ・∀・)ノ

「文京楽器」
につきましては、以前も何回か書きました通り!(ノ`・Д・)ノ

私は自分が子供の時分から、お世話になっていたのですが!(゚Ω゚;)ハッ!!

こと“弓の毛の張替え”に関しましては!(^_-)
余所のいろいろな日本の楽器屋と、比較してみても!( ̄  ̄;)!!

文京楽器は、突出して優れているのではないかと・・・
私は昔から、感じていたんですね!ヾ(・Д・´ )ノワオ!

実際非常にハイレベルなヴァイオリン職人が、集結している・・・
ニューヨークの楽器屋のレベルと、比較してみましても!(ノ゜ο゜)ノオォ

文京楽器の毛替えのレベルは、さほど遜色ないほどでしてヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

まさに「世界最高クラスの毛替え」と、言っても良いのではないか・・・
と、私は心底思っているわけですよ!!!∑(`∀゚´*)オォ!!

おまけに「弓毛替えの料金」につきましても!(; ̄  ̄)ナヌッ?

「一本あたり税込5,400円(モンゴル産の毛の場合)」

と!!(*・0・*)ワォ

余所の楽器屋と比較しても・・・
非常にリーズナブルに、価格が設定されているのも!(≧ ≦*)キャー
たいへん素晴らしいことではありませんか!(≧∇≦)キャー

それで今回は、私が板橋区Tさん宅まで毎週遠路はるばる通って・・・
一生懸命、指導をし続けていることへの“お礼”として!( ̄ー ̄)ニヤリッ

なんと私の門下生のTさんは、私の弓の毛替えの代金を・・・
奢って下さることになりまして!( ̄ー ̄*)ニヤリッ

これは最近仕事が全く無くて(*´д`*)ハァハァ
金欠に喘いでいる、いまの自分にとりましては!!ヽ(゚_゚;)ノ

たいへん有難い事でありました!!( ̄∇ ̄)ニヤッ

――ただ私は今回文京楽器においては、「弓毛替え」とともに(^_^;)
「弓グリップの補修」
も、ついでにやってもらったのですが( ̄ロ ̄lll)エッ!!
そちらの代金(3,456円税込)につきましては・・・
私は自腹で支払うことにしたんですね!(; ̄д ̄)エェェー!?
これはいまの私にとりましては、もう筆舌に尽くしがたいほど!(★・´Д`・)σソンナー
すこぶる“痛い出費”ではありましたが(;´Д`)=3 フゥ――

さて文京楽器にて、全ての用事を終えた私たちはヾ(・∀・)ノ
引き続き“忘年会”に移行するべく、店を後にすると!(*´∀`*)

10分ほどかけて・・・
「東京ドームホテル」
に向かって、歩いて行きまして!!!(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪↓
1東京ドームホテル1213
東京ドームホテル

こちら↑のホテルの4階に、“テナント”として入っている((^∀^*))

「熊魚庵 たん熊北店」
なる店に、入ったんですね!!(*゚∀゚)=3ハァハァ↓
2熊魚庵たん熊北店1213
熊魚庵 たん熊北店 東京ドームホテル店

「熊魚庵 たん熊北店」
とは、言わずと知れた(゚∇゚ ;)エッ!?

京都に本店がある・・・
「有名な『京料理の老舗』」
でありますが!Σ(*゚◇゚*)ウッソー

いやぁ私は、「たん熊~」が東京ドームホテルに出店していた・・・
などといった事実は!!(」゚ロ゚)」オォ

つい最近まで、全く知らなかったわけですよ!!!( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ

私は正直、“茶髪”や“横文字”や“アメリカ文化”については!( ̄△ ̄;)エッ・・?
これっぽっちも、興味が持てない半面( ̄へ ̄|||) ウーム

「いにしえの日本の古都」につきましては(*^-^*)ゞ
幼い頃から強い憧れを、抱き続けておりますし!(☆Д☆)キラリーン

同時に
「京の食文化」
に対しましても!! Σ(*´∀`*;)ドキッ!!

自分はずっと・・・
恋心を、抱き続けている次第でありますから!!! (* ̄ Д  ̄*) ポッ

私は今回「京料理の名店」が、「文京楽器」のすぐ傍にあることが分かって(@_@;)
ビックリしてしまったのと同時に(*_*)

いたく興奮してしまったんですね!((*゚゚∀゚゚*)) オォォォ

それで今回は、私が板橋区Tさん宅に毎週通って・・・
一生懸命、指導をし続けていることや( ´∀`)
彼の奥様のために、特別に数曲演奏したことへの“お礼”として!( ̄∇+ ̄)vキラーン

なんと私の門下生のTさんは、ここでの夕食代を・・・
奢って下さることになりまして!!!( ̄ー+ ̄)キラリ

おぉこれは、私にとりましてはヽ(*´∀`)ノ オォ

「盆と正月が、いっぺんにやって来たくらい」
喜ばしく嬉しい出来事でありました!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

ちなみに「熊魚庵 たん熊北店」は、京都の本店のほうは・・・
「京料理一本でやっている店」
であると思われるのですが!(*・∧・*)?

「東京ドーム店」のほうでは、なんと、なんと!w(゚0゚*)w オォー
「京料理」の他・・・

「寿司」
「天ぷら」
「鉄板焼き」
も、別途提供しておりまして(@_@。

独立した4つの違う店に、分かれていたんですね\(◎o◎)/!↓
3四種類1213

それで私たちは、このなか↑から・・・
「天ぷら」
を選択することにしまして!(^^)!

「天麩羅 嵯峨野」
への入店を、果たした次第でありました!!(ノ)'∀`(ヾ) オォ

さて私たちは店に入ると、まずは・・・
「アサヒ 琥珀の時間」
なるビールで、乾杯をしまして(^_^)/~↓
4琥珀の時間1213
アサヒ 琥珀の時間 940円(税抜)

次いでここの店の、“ハウスワイン”ならぬ・・・
“ハウスサケ”
と位置付けられる!(* '∀'人) オォ

「熊魚庵ラベル」がついた・・・
“オリジナル吟醸酒”を、呑みましたが!(* ̄0 ̄*)ノ↓
5吟醸熊魚庵1213
熊魚庵 吟醸 羽田酒造 1合1,100円(税抜)

こちら↑の「羽田酒造」なる、京都の地酒メーカーで造られた日本酒は・・・
気品があって、味わい深くて('∀`)

大変美味でしたね!!*:・(*´∀`*)ウットリ・:*

そして料理のほうは・・・
「10,000円コース」
「8,000円コース」
「6,000円コース」
とあるなかから(・・?

Tさんは、真ん中の・・・
「8千円コース[天麩羅ディナー 都](税抜)」
を選択して下さってヽ(^。^)ノ

それを注文して下さったんですね!ヽ(´▽`)ノ↓
6天麩羅ディナー都1213
私たちが選択・注文した「天麩羅ディナー 都」の内容

それで店員さんが、天ぷらを揚げる前に(・。・)
私たちのテーブルまで来てくれて・・・

「これから天麩羅にする食材」
を、見せてくれたのですが(*´∀`*)↓
7都の食材1213
「天麩羅ディナー 都」の食材

おぉこれらの食材↑は、もう全然・・・
“生”でも十分食せそうなくらい、新鮮で瑞々しくて!ヽ(*´∀`*)ノ.+゚

もう見るからに、美味しそうではありませんか!o(*'▽'*)/☆゚’

それでは写真だけではありますが(;´▽`)y-~~
今回の食事を、皆さまにもご堪能いただければと思います!(*´~`*)↓
8前菜1213
前菜

9エビホタテレンコン1213
天麩羅第1弾 エビ、ホタテ、レンコン

10キスギンナンシメジ1213
天麩羅第2弾 キス、ギンナン、シメジ

11さっぱりスープサラダ1213
凌ぎ さっぱりスープサラダ

12キスアナゴイモ1213
天麩羅第3弾 キス、アナゴ?、ムラサキイモ?

13塩三種類1213
天ぷらと共に用意された塩3種類 プレーン塩、山椒塩 柚子塩

14塩天丼1213
食事 塩天丼

15味噌椀1213
味噌椀

16香の物1213
香の物

17デザート1213
デザート 冷果

いやぁ今回の食事は、最初から最後まで、どれを取ってみても・・・
「京都の天麩羅屋」
ならではの( ゚∀゚)

緻密な計算が、随所に施されているのが、良く実感出来ましたし!ヽ(^o^)丿

洗練されていて、雅やか且つやんごとなき味わいがして( ´ー`)
本当に美味しかったですね!(* ̄。 ̄*)ウットリ

今回は京都まで旅行に行かずとも・・・
「京の名店の味」
を、存分に堪能することが叶いまして!(*^▽^*)

貴重な経験が出来て、良かったです!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

奥村智洋

カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2016/12/16 Fri. 23:00    TB: --    CM: 0

4/22(金)「西武東京メトロパス」で後楽園「TOVIC」→水道橋「エビスバー」(^o^) 2016.4.25 

え~今月上旬頃の話でありますが(^^ゞ
ヴァイオリンショップ「TOVIC(文京楽器小石川店)」から、封書が届いたんですね。

それによりますと・・・

オランダから、アンドレアス・ポスト氏が、約10ヶ月ぶりに再来日して!
*゚+・。オォォ(o′ `o)ォォオ。+・゚*

4月22日(金)~24日(日)の3日間、「TOVIC」にて彼による・・・

「楽器鑑定会&音調整会 Vol.5」

が開催される旨、案内されておりました!(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪↓
1第5回楽器鑑定会0422
アンドレアス・ポスト氏 楽器鑑定会&展示会 Vol.5 の案内状

それで私は過去、一昨年と昨年に、
「アンドレアス・ポスト氏 音調整会」
には、2回に渡って参加しておりましてヽ(^。^)ノ

その際私のヴァイオリンを、彼に調整してもらっていたんですねヽ(´▽`)ノ

その際ポスト氏の驚くべき、ヴァイオリン調整における・・・
技術・ノウハウを、目の当たりにしていたのですが\(◎o◎)/!
――詳しくは、過去記事↓をご覧いただければ、と思いますが(^^♪――
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-388.html(第3回 2014年9月6日付記事)
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-463.html(第4回 2015年6月8日付記事)

なんと今回は、
「参加希望者が増えすぎてしまった」
との理由で(; ̄  ̄)ナヌッ?

下の「特別招待状」が、「TOVIC」から送付された人と、その紹介者以外は・・・
「音調整会」には参加不可能、ということになっていたんですね(゜o゜)↓
2特別招待状0422
今回「TOVIC」から私に送られてきた、「特別招待状」

この「特別招待状」を見て、私は、
「なんだか『祇園の“一見さんお断り”の高級料亭』みたく敷居が高くなってしまって、行きずらくなってしまったなぁ」
と、一瞬うろたえてしまいましたが(;´Д`)=3 フゥ

この「招待状」を、もう一度熟読してみましたところ・・・
「ハイレベルのプレイヤー」
と書かれていた箇所が、目に留まりまして( ̄  ̄;)!!↓
3ハイレベルのプレーヤー0422

「おぉ『TOVIC』は自分を、『ハイレベルのプレイヤー』と認定してくれていたんだ!」
と、大いに嬉しくなってしまった次第でした!<o( ̄^ ̄)o>エッヘン!!

それで早速今回も、「TOVIC」に予約の電話を入れまして( ̄ー+ ̄)キラリ

先週金曜日(4月22日)午後、約10ヶ月ぶりに(@_@)
東京メトロ後楽園駅にほど近い場所にある・・・

「TOVIC」を、訪問することにした次第です!( ̄∇+ ̄)vキラーン

さて私が今住んでいる東村山から、文京区後楽園まで行くには・・・
以前練馬に住んでいた時と比べると、非常に長距離になりまして(゚∇゚ ;)エッ!?

移動には時間もお金も、相当かかることになりましたが!(´ω`*)

「参ったなぁ一体どのような手を使えば、久米川⇔後楽園間の『高額な鉄道運賃支出』を抑制出来るだろうか?!」
と、思案を重ねた私は!( ̄ヘ ̄)ウーン

突如、
「西武東京メトロパス」
を利用すれば良いのではないかと、気が付いたんですね!(☆Д☆)キラリーン↓
4西武東京メトロパス0422
西武東京メトロパス 久米川駅出発 980円

このきっぷ↑は、

西武鉄道線 一往復

東京メトロ 一日乗車券

がセットになった、お得なきっぷでしてw(゚0゚*)w オォー

西武線内につきましては、
「西武池袋線」
「西武新宿線」
のどちらでも、利用することが可能なんですね!(ノ゜ο゜)ノオォ

実際西武線と東京メトロ線の接続駅は、4つ存在するわけですがΣ(゚ロ゚」)」オォ

「西武東京メトロパス」では、その4つの接続駅↓

池袋(西武池袋線)
小竹向原(西武有楽町線)
高田馬場(西武新宿線)
西武新宿(西武新宿線)

上記の4つの駅のいずれからでも、東京メトロ線に乗換え可能であることも・・・
「素晴らしい利便性」
と言えましょうし!ヽ(*´∀`)ノ オォ

そもそも久米川から高田馬場まで、単純に西武線で往復するだけでも・・・
往復600円もの運賃が、かかってしまうわけすから!(」゚ロ゚)」オォ

その「久米川⇔高田馬場往復運賃」に、僅か380円追加するだけで・・・
「東京メトロ一日乗り放題」
というオプションを追加出来る、ということ自体((*゚゚∀゚゚*)) オォォォ

これは、
「世知辛い今の世の中ではあり得ないほど、たいへんリーズナブルな価格設定」
と言えましょう!!!∑o(*'o'*)o ウオオォォォォ!!

さて私はこの↑「西武東京メトロパス」を手にして(^^)v

行きは
「所沢・西武池袋線・練馬・西武有楽町線・小竹向原・東京メトロ副都心線・池袋経由」
にて、東京メトロ丸ノ内線後楽園駅を目指すことにしたんですね!ε = ((((o^ー^)o

それで所沢駅からは、
「13時00分発快速急行元町・中華街行き1706列車」
に乗って('∀`)
池袋駅まで向かうことにした次第でしたが(*´∀`)b↓
5快速急行1706レ0422
私が乗車していた飯能発元町・中華街行快速急行1706レ 練馬駅にて撮影

この列車は、
西武鉄道、東京メトロ、東京急行、横浜高速鉄道
と4社を跨いで、直通運転される優等列車でありますが・・・

なんと先月26日にダイヤ改正された際に・・・
この「4社直通運転される優等列車」には、

「Fライナー」

という愛称名がつけられて・・・
運行されることになったんですね( ̄ロ ̄lll)エッ!!↓
6Fライナー0422
↑ご覧の通り、この「Fライナー」は・・・

西武線内=快速急行
東京メトロ線内=急行
東京急行&横浜高速鉄道線内=特急

と、会社によって全く違う種別で、列車運行がされておりまして(・。・;
それ自体、一般人には意味が全く分からない点でもあるのですが(・_・;)

いやぁ「Fライナー」の「F」とは、一体(#゚Д゚)
どういった意味合いで、命名されたのでしょうかねぇ????Σ(゚Д゚)

私はさっぱり意味が分からず・・・
ただただうろたえ、途方に暮れている最中でありますがヽ(゚_゚;)ノ
――まさか放送禁止用語「F●CKING」とか(;一_一)
「FAIL(落第する)」の意味合いではないでしょうが《(;´Д`)》――

「こういった“意味不明な外来語もどき”の愛称名をつければ、利用客が喜ぶ」
というのは、大きな間違いだと私自身は思っていますし(ーдー;)

「こういった“茶髪もどきの一見カッコいい愛称名”をつければ、利用客が増える」
というのも、全くあり得ない「夢物語」であると(-ω-`*)

電鉄会社のトップの方々には、いい加減気付いてもらえないでしょうかねぇ(-∀-)

ただ私が乗車していた「Fライナー」は・・・
利便性が、非常に高い列車だということは、確かなことでして∑(`∀゚´*)オォ!!!

私が自宅最寄りの久米川駅を出発してから、たった50分ほどで・・・
「TOVIC」最寄りの後楽園駅に到着出来たのは、何よりでありましたv(・∀・*)

さて「TOVIC」における、アンドレアス・ポスト氏の「楽器調整」につきましては・・・
すでに2回当ブログで紹介しておりますのでヾ(・∀・)ノ
詳しくは上のアドレス↑をクリックして、ご覧いただければと思いますがo(・∀・)o

知らない方のために、一言だけ付け加えますと(^^ゞ

ヴァイオリンの「音調整」とは、基本的には・・・

ヴァイオリンの「F字孔」から・・・
「魂柱立て」という器具を、ヴァイオリンのなかに挿入して(@_@。
その「魂柱立て」を使って、「ヴァイオリン魂柱」の位置を、微妙に変える(*_*)

ということを、指しているわけですね(^_-)

そして今回においてもポスト氏は、彼の「超絶神業」を用いつつΣヾ(・Д・´ )ノワオ!

わずか3分足らずで、私のヴァイオリンの鳴り方を、飛躍的に激変させ(ノ)'∀`(ヾ) オォ

私のヴァイオリンを、最高レベルの鳴り方&バランスまで導いたわけでしたから・・・
まさに“お見事”としか、言いようがありませんでした!!!
.+:。 オオォヾ( ´∀` )ノォォッ 。:+.

ただし折角今現在、私のヴァイオリンは、まさに最高潮の鳴り方をしているものの・・・
一か月先のコンサートの頃には、相当劣化してしまうでしょうし('・_・`)

日本国内には、
「ポスト氏レベルのヴァイオリン魂柱調整師」
は、一人もおりませんから(ノД`)

その点は、残念至極ではありますねぇ(*´A`*)

また今回も「ヴァイオリン音調整」の後・・・
「TOVIC」一階では、様々なヴァイオリンの試奏もさせてもらえましたヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ↓
7ヴァイオリン試奏0422
「TOVIC」にて今回私が試奏したヴァイオリンの数々

このなか↑にはなんと、なんと・・・
「1683年製ストラディバリウス」
も、含まれておりまして!!!( ‘ jjj ’ )ジェジェジェ

その他にも「グランチーノ」「ストリオーニ」「ガリアーノ」といった・・・
錚々たるヴァイオリン銘器が、揃っておりましたがヽ(*´∀`*)ノ.+゚

もし上の写真↑を一見しただけで、
「これがストラドで、それがストリオ―ニで、あれがガリアーノで、そっちがグランチーノ」
と全て言い当てられる方が、もしおられたとしたら (*・0・*)ワォ!

私はその方を、「神の如く」敬いつつ<(_ _)>
崇め奉るでありましょう!o(*'▽'*)/☆゚’

さて私は今回も、前回同様(^^ゞ
私のヴァイオリンの弟子Tさんを、「TOVIC音調整会」にお連れしておりました。

それで今回も前回同様(^^ゞ
「TOVIC」訪問後、東京ドームシティ内にある・・・
「エビスバー」にて、Tさんにご馳走いただくことになったんですね(*^^)v↓
8エビスバー0422
エビスバー 東京ドームシティ店

前回も書きました通り・・・
「エビスバー」では、ビールは「エビス5種」しか置いていないのですが(@_@;)↓
9エビスビール5種0422
「エビスバー」における「エビスビール5種ラインナップ」

私はこの日ここ「YEBISU BAR 東京ドームシティ店」にて・・・
5種全てのエビスビールを、Tさんにご馳走いただいたんですね(* ̄0 ̄*)ノ↓
10エビスビール0422
エビスビール 350ml 525円(税抜)

11プレミアムブラック0422
エビス プレミアムブラック 350ml 525円(税抜)

12プレミアムミックス0422
エビス プレミアムミックス 400ml 600円(税抜)

13琥珀エビス0422
琥珀エビス 330ml 525円(税抜)

14スタウトクリーミートップ0422
エビス スタウト クリーミートップ 400ml 620円(税抜)

この日「エビス5種」を、コンプリートで・・・
全て味わうことが出来たのは、何よりでありましたv(^∀^*)

料理の方は、まずは「グリル野菜のバーニャカウダ」をご馳走いただきo(*´~`*)oモグモグ↓
15グリル野菜のバーニャカウダ0422
グリル野菜のバーニャカウダ 1,080円(税抜)

この料理↑で、“ビタミン摂取”に励みまして( ̄∇ ̄)ニヤッ

次いで「ソーセージ」&「鶏唐揚げ」をご馳走いただき(*´~`*)
16ソーセージ3種盛り0422
ソーセージ盛合わせ3種 1,350円(税抜)

17知床鶏のチキンバスケット0422
知床鶏のチキンバスケット 780円(税抜)

これらの料理↑で、“たんぱく質摂取”に励みました!( ̄ー ̄)ニヤリ

さて「エビスバー」でTさんに沢山ご馳走になった後!(^^)!
Tさんと別れた私は・・・

東京メトロ南北線&丸ノ内線を経由して、新宿駅に向かいまして!ε = ((((o^ー^)o
西武新宿駅から、西武新宿線電車で帰路に就くことにしました(*´∀`*)↓
18西武新宿駅0422
西武新宿駅

私はここ↑西武新宿駅では、まさしく発車直前の急行電車に飛び乗ったのですが・・・
電車内では運良く、空席を見つけることが出来まして(^-^)V
無事着席することが、出来たんですね!ε= (*^o^*)ホッ

皆さまご存じの通り、西武新宿駅は・・・
西武新宿線の始発駅でありますから!(*^▽^*)

ここではラッシュアワーの混雑時であったとしても・・・
確実に着席して電車に乗ることが、可能なんですね~ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

奥村智洋

カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2016/04/25 Mon. 23:31    TB: --    CM: 0

新垣 隆作曲「ソナチネ」動画をYouTubeにて公開しました 2015.8.16 

昨日(8/15土)私としてはおよそ一年二ヶ月振りに・・・
自分の“新作演奏動画”をYouTubeにて公開致しました(^^)v↓

YouTubeの画面をご覧いただくにはこちら↓。
https://www.youtube.com/watch?v=VDsAL66wDW0

今回この動画↑にて、私が演奏しているのは、新垣 隆氏作曲による・・・
「ヴァイオリンのためのソナチネ 嬰ハ短調」
という作品ですが(^.^)

じつは不肖私が、本来ヴァイオリンとピアノのために書かれているこの作品を、自分自身で・・・
「2台ヴァイオリン用」
に編曲したんですね!( ゚∀゚)↓
x1ソナチネ嬰ハ短調0816
「2台ヴァイオリン用」に自分で編曲した、「ヴァイオリンのためのソナチネ嬰ハ短調」冒頭の譜面

私は大分前にこの作品を、
「シャコンヌ同様(^^ゞ」
CDから“耳コピー”しまして、その後・・・
主にピアノパートの方を、私がセカンドヴァイオリン用に、編曲したわけですね(^^ゞ

そしてファーストヴァイオリン&セカンドヴァイオリンパートの双方共、自分自身で・・・
「一人二役で(^^ゞ」
演奏&録音&録画したものを、今回YouTubeにアップした、ということです!

ただし当然ではありますが、
「両方のパートを、同時に一遍に演奏する」
といったような「神業」は・・・
私には到底出来っこありませんから\(~o~)/

実際私はセカンドヴァイオリンパートのほうを、事前に自宅で録音しておりまして(^^ゞ
――その「録音」は、私が撮り鉄の際愛用しているデジカメ、
「FUJIFILM X-S1」
に付着していたマイクで行ったという・・・
プロとしてはあり得ない、安上がりな方法でしたが(^_^;)――

そのセカンドヴァイオリンパートを、スピーカーで再生しつつ・・・
会場ではその設置したスピーカーの隣にて、ファーストヴァイオリンパートを演奏しました。

そしてその演奏を録音&録画したものを・・・
今回YouTubeで発表した、というわけですね!(*_*)

言い換えますと動画に映し出されているのは、
「ファーストヴァイオリンパートを演奏する、私の姿」
のみでして・・・

「セカンドヴァイオリンパートを演奏する、私の姿」
は、一切映ってはおりません(+_+)

今回の動画にはセカンドヴァイオリンのほうは、音声のみ収録されております。

さて新垣さん作曲の、
「ヴァイオリンのためのソナチネ 嬰ハ短調」
という作品は・・・

正確にはピアノがヴァイオリンと同等の、重要な役割を担っておりますから・・・
本来は、
「ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ」
もしくは
「ヴァイオリンとピアノのための二重奏曲」
といった表題に、変更すべきとは思いますが!(^^)!

バロックや中世の音楽様式、また所々現代音楽の技法も盛り込まれた、
「無伴奏ヴァイオリンのためのシャコンヌ」
とは全く異なり(@_@)

「ソナチネ」のほうは、100パーセント・・・
19世紀ロマン派の様式によって、書かれております。

そしてこの作品には、佐村河内氏によるヘンテコな指示の影響が、全く見られず(^o^)
新垣さん自身によって完全に・・・
作品の最初から最後まで、自発的に作曲されたようでして(#^.^#)

佐村河内名義で発表された作品群のなかでも、これはもっとも・・・
一貫性がある作品と言えましょうし(^.^)
私自身この作品は、大好きなんですね!(*^_^*)

私自身はまさに、この作品こそ・・・
後世に残ってしかるべき傑作であると、信じている次第ですヽ(^o^)丿

なんと言いましてもこの作品は、ヴァイオリン曲を作曲する上では・・・
非常に難しい調性である(^_^;)
「嬰ハ短調」
によって、書かれているわけですが\(◎o◎)/!
――ヴァイオリン音楽を良くご存じの方には、今更説明するまでもありませんが(^^ゞ
現実に存在する、有名なヴァイオリン曲の調性を調べてみますと・・・
大多数が「イ長調」或いは「ニ長調」で書かれているんですね。
その理由は「イ長調」「ニ長調」もしくはそれに近い調性でヴァイオリン曲を書けば・・・
ヴァイオリンの4つの開放弦(GDAE)を、効果的に用いることが可能ですから(^.^)
それによって楽にヴァイオリン曲を作曲できる、というわけです。
逆に「イ長調」&「ニ長調」から離れた調性になればなるほど・・・
ヴァイオリン曲の作曲は困難になっていく、ということなんですね――

それにもかかわらず、この「嬰ハ短調の」作品には、ヴァイオリンのポテンシャルや魅力が・・・
冒頭から最後のクライマックスに至るまで、存分に盛り込まれていて(*´∀`)b

キラキラと輝きを放っているように、私には感じ取れるんですね!( ´∀`)

これはたいへんもの凄いことのように、私には思われますし!(^^)!
ただ感嘆する他ありません!ヽ(´▽`)ノ

実際この作品は、昨年の冬期オリンピックにおいて・・・
全世界で放映されましたし('∀`)

この作品を聴いて、感銘を受けた人は・・・
世の中には、相当大勢いるのではないでしょうか!?(*´∀`)b

ですが現在ではこの作品は、「著作権」の壁のせいか(#゚Д゚)
音楽市場からは完全に、消え去ってしまいましたし(~o~)

今のところ誰かが、どこかで演奏しているような気配も、全くありません(~_~)

また冬期オリンピックの時期に合わせて、出版される筈であった楽譜も(-_-;)
今後世に出ることは、残念ながら無さそうなんですねorz

「日本のヴァイオリン音楽史上、最高傑作のひとつとして賞賛されるべきこの作品が、このまま葬り去られてはいけないのではないか?」
という、強い信念を持ちつつ・・・

私は今回、この作品の編曲を、自分自身で行いつつ・・・
その演奏動画の発表に、踏み切った次第です!

さて私はこの作品を編曲するにあたり・・・
原曲の良さを尊重すべく、最大限努めてはみたものの(^^ゞ

それでも編曲の都合上、コード(和声)やパッセージにつきまして・・・
原曲から変更を施した箇所が、多々存在します(^_^;)

それからセカンドヴァイオリンパートのみならず、ファーストヴァイオリンパートにおきましても・・・
アレンジを施した箇所が、いくつかあります↓

2分2秒&6分4秒:対旋律追加
2分27秒&6分40秒:経過音追加
2分37秒&6分51秒:オクターブ重音に変更
3分30秒:B♭→B変更
4分42秒:旋律変更
などなど…

それから7分13秒~22秒にかけては、なんと・・・

私はセカンドヴァイオリンパートに、
「無伴奏ヴァイオリンのためのシャコンヌ」
冒頭の主題を、5小節に渡り・・・
そのまま挿入してしまいました!!(」゚ロ゚)」ワオ!

今回の自分の編曲においては、ここの箇所が・・・
最高の聴かせどころであるということを、強く断言したいと思いますね!w(゚⊿゚;)w オォー

それでは今回YouTubeにアップをした、
「リアル・ヴァイオリンのためのソナチネ(二台バージョン)」
を(^.^)

“つなぎ&録り直し一切無し”の、
「リアル・ライブバージョン」
にて(^o^)

皆様にお楽しみいただければ、私はとても嬉しく思います!

奥村智洋

カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2015/08/16 Sun. 23:15    TB: --    CM: 1

7/19(日)「名曲喫茶ヴィオロン」→「ワシントウキョウ」 2015.7.22 

先日7月19日(日)夕方、私は2ヶ月振りに、阿佐ヶ谷の名曲喫茶「ヴィオロン」にて開催された・・・
「SPレコードコンサート」に行ってきました(^o^)↓

1ヴィオロン0719
名曲喫茶「ヴィオロン」

先日の「SPレコードコンサート」のプログラムは、「ローベルト・シューマン特集」ということで・・・
シューマン中期~後期の名作3曲が、取り上げられておりましたが↓
2シューマン特集0719_edited
2015年7月19日(日)プログラム 【シューマン特集その6】
「交響曲第4番 ニ短調 Op.120」
 ヨーゼフ・カイルベルト指揮
 プラハ・ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団
  独Telefunken E3255~7
   1941年3月7日録音

歌曲集「女の愛と生涯 Op.42」
 ロッテ・レーマン(ソプラノ)
 フリーダー・ワイスマン指揮
 管弦楽団
  英Parlophone RO20090~3
   1928年11月10日 ベルリンでの録音

「ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 WoO.23」
 ゲオルク・クーレンカンプ(ヴァイオリン)
 ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  独Telefunken E2395~98A
   1937年12月20日 ベルリンでの録音

正直に告白しますと、私はローベルト・シューマンの作品は、これまでは・・・
全般的にあまり好きな方では無く(・_・;)

と言いますか、自分にとってはシューマンは、むしろ・・・
嫌いな部類に入る作曲家であったため(・。・;

私は今回のSPレコードコンサートには、もともとは・・・
それ程大きな期待を、抱いていなかったんですね(^_^;)

そのため今回は、早めに現地に行って・・・
「かぶりつき席」を確保するというような努力は、全くせず(^^ゞ

開演時間直前ギリギリに店に入って、店内の入り口付近の一番後ろの席から・・・
SPレコードの演奏を、ずっと鑑賞していた次第です↓
3自分の席から0719
私の席(今回は一番後ろ)から見た蓄音器「クレデンザ」

ところが予想に反して、今回のSPレコードは、3曲とも・・・
演奏&録音が、驚くほどたいそう素晴らしかったためヽ(^o^)丿

シューマンの作品が持つ、欠点・・・
――バランスが悪いとか、無駄な刻みやユニゾンが多いとか、オーケストレーションが稚拙とか――
は、今回に限っては全く気にはならずヽ(^ω^)ノ

ただただシューマンの音楽が本来持っている、抒情性、ヒロイズム&高潔なメッセージが・・・
私に向かって、溢れ出るように迫ってきましたためヽ(^。^)ノ

このコンサートが終わるころには、私はすっかり・・・
シューマンの音楽の大ファンに、変貌してしまったんですね!ヽ(´▽`)ノ

とくに私が期待していた、ゲオルグ・クーレンカンプ独奏による「ヴァイオリン協奏曲ニ短調」は・・・
今はびこっているような(-_-;)
表面的にテクニックを見せびらかしたような演奏とは、全くかけ離れていて('∀`)

彼の演奏は内面的で温かみがあり、且つ格調高くて・・・
私はたいそう感動してしまいましたね!(*´∀`)b↓
4クーレンカンプ0719
クーレンカンプ独奏、シュミット=イッセルシュテット指揮ベルリンフィル演奏の
「シューマン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調 遺作」

またロッテ・レーマン独唱の「女の愛と生涯作品42」は、オリジナルのピアノ伴奏では無かったことは残念でしたし・・・
編曲されたオーケストラ伴奏は、かなり出来が悪かったものの(^^ゞ

レーマンの歌声は、私がこれまで一度も体験したことが無いくらい( ´ー`)
この世のものとは思えないほどの、神々しい美しさでしたね!( ´∀`)↓
5ロッテレーマン0719
ロッテ・レーマン独唱の
「シューマン:女の愛と生涯 作品42」

それにしても今回は、今まで自分は嫌いだったシューマンの音楽が・・・
一晩2時間ほど聴いただけで、一遍に好きになってしまったわけですから\(◎o◎)/!

SP時代に活躍していた音楽家の実力が、如何に凄かったのかは・・・
今回改めて再確認出来ましたし(@_@)

それを忠実に再現出来るSPレコード&蓄音器のポテンシャルが、もの凄いものであるということも・・・
今回改めて再認識しましたね(@_@。

ところで今回のSPレコードコンサートには、当ブログの熱心な読者でおられる・・・
パオロロッシ様も、偶然聴きにいらしておられていたんですね(@_@)

それでパオロロッシ様と私は、コンサート終演後阿佐ヶ谷駅南口から徒歩3分ほどの場所にある・・・
「ワシントウキョウ」という名前の、クラフトビールの店に向かいましたo(・∀・)o↓
6ワシントウキョウ0719
ワシントウキョウ

そしてここ↑「ワシントウキョウ」にて、私はパオロロッシ様に・・・
2日前に自分が演奏していた、渋谷「白寿ホールコンサート」の慰労も兼ねて(^^ゞ
ビール&食事を、ご馳走いただいた次第です!ヽ(*´∀`*)ノ.+゚

さて「ワシントウキョウ」には、私は以前一度だけ行ったことがありましたが(^^ゞ↓
http://tomoviolin.blog119.fc2.com/blog-entry-426.html(2015年1月19日付記事)

その際は、ビールの泡の量があまりにも多かったり(#゚Д゚)
ガッカリすることが多々あったため; ̄ロ ̄)!!

この店には、それ程良い印象は抱いていなかったわけですね(ーдー;)

ですが今回は、ビールのラインナップを見てみると・・・
私がこれまで呑んだことのないものが、沢山揃っていたのも嬉しかったですしヾ(・∀・)ノ↓
7本日のクラフトビール0719

今回は――私の苦情が効いたせいかは分かりませんが(^^ゞ――
全般的に泡も少なめで(^o^)

ビールがグラスの上の方まで、なみなみと・・・
多めに注がれていたのも、嬉しかったですo(・∀・)o↓
8さぬきスーパーアルト0719
さぬきビール(香川) スーパーアルト アルコール度数6.5% 473ml 850円(税抜)

9湘南IPAフュルメロン0719
湘南ビール(神奈川) IPAフュルメロン アルコール度数6% 473ml 850円(税抜)

10やくらいデュンケル0719
やくらいビール(宮城) デュンケル アルコール度数5% 473ml 850円(税抜)

11シエラネバダIPA0719
シエラネバダ(アメリカ) IPAトルピード アルコール度数7.2% 270ml 650円(税抜)

12ロコビア佐倉香りの生0719
ロコビア(千葉) 佐倉香る生 アルコール度数5% 270ml 500円(税抜)

今回はとくに、ドイツスタイルで醸造された「さぬきビール」の・・・
「ス―パーアルト」が、予想していたより遥かにレベルが高くて(^^♪

たいへん感銘を受けましたねo(*'▽'*)/☆゚’

私は四国の香川県に、これほどまでにハイレベルなビールを醸造する・・・
ブルワリーが存在していたこと自体、全く知りませんでした!(@_@;)

それから今回食した料理の方も、どれも美味しかったですし(^v^)↓
13ラム肉のソーセージ0719
ラム肉のソーセージ 680円(税抜)

14砂肝の温野菜サラダ0719
砂肝の温野菜サラダ 750円(税抜)

15焼き餃子チリポヨ0719
焼き餃子 チリポヨ 4個 500円(税抜)

16揚げ餃子チリポヨ納豆0719
揚げ餃子 チリポヨ納豆 4個 580円(税抜)

とくにここの店の餃子は、流石に「元餃子屋」だけあって・・・
どれをとっても、絶品と思いました!(*^-^*)ゞ

奥村智洋

カテゴリ: 音楽のこと

[edit]

Posted on 2015/07/22 Wed. 23:03    TB: --    CM: 1

★コメントについて(ブログ管理者より)
当ブログをいつも閲覧していただきありがとうございます。 システムの都合上、奥村宛にいただいたコメントは当方から本人に取り次いでいます。
ただし、不適切と判断した場合は、公開/非公開にかかわらず即時コメントを削除し、取り次ぎも行いません。したがって奥村からの返信もありませんので、何卒ご了承ください。(2015.1.1)

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

動画

ディスコグラフィー

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード